it does not become

20131130-210340.jpg

言葉にならない感情みたいなものに
ふわっと襲われることが時々あって
きっとその原因は単にそれを的確に
言い表せる言葉を私が知らないだけ
なのだとつまりただ私が無知なだけ
というより私自身の語彙が決定的に
壊滅的に貧困貧弱浅薄なのだろうと
わりと冷静にまるで他人事のように
なんとなくそう思っていたけれども

言いわけがましく聞こえたらそれは
なんだかすみませんて感じだけれど
いやつまりその私がものを知らない
なんてことは別に今に始まったこと
ではないしだからどうだと云うこと
でもなくてそれを抜きにしてみても
理由もなくただ言葉にならないもの
とかそういう気持ちだとかなんとも
言い表しようのないものって決して
全然なくはないんじゃないのかなと
否むしろ少なからずというかじつは
案外たくさんあるんじゃないのかな
なんてふと思ったりもするわけです